スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして。 

8月12日の朝早く、この世に誕生してきました。

DSCF55390001.jpg
『8月12日、病室から見えた景色』

願ったとおり、晴れの日に生まれて来てくれた。
お腹の中の居心地も良かっただろうけど
こんな青空を仰げるこの世界も悪くないよ。

DSCF55530001.jpg
『生後2日目』

これからいっぱい新しい出来事が待ってるね~。
新米母さんと一緒にがんばっていこうぜぃ♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


たくさんのお祝いコメント本当にありがとうございます。
笑ったりうなずいたりしながら、何度も読ませてもらってます。
まともにイスに座れない生活(頭がデカかったらしい)が
想像以上にしんどい現在ですが(お産よりしんどいやん!)
皆さんの言葉を励みにがんばります。

お一人ずつにコメントを返せませんがどうぞお許しくださいませ。

それにしても赤さん、ダンナに似すぎです…。

スポンサーサイト

ご報告 

いつもこのブログを見て下さってるみなさまへ

8月12日(土) 午前5:08
3160gの元気な女の子を出産致しました。

陣痛~出産まで5時間と言う超スピード出産で
母子とも健康に安産で出産する事が出来ました。
誘発法が効いたのか(予定日3日前)
フルムーンパワーのお陰か(満月から3日後)
あまりの速さに本人が一番驚いています。

少し長めの入院で昨日無事退院してきました。
今は初めての育児に悪戦苦闘していますが
落ち着いたらまた改めてご報告致しますね。
取り急ぎご報告まで・・・。

yuki

初めてのベビー服 

意外と普通に過ごしている予定日4日前。
特に問題なければ普通に過ぎて当たり前か~。
とりあえず、毎日充実。健康に感謝。



え~と今日は、産まれてくる赤さんのための
準備品(主に着るもの)について語ってみます。

第一子を妊娠すると、赤さんのためのベビー服選びは
妊婦の楽しみの一つなんですよね~、きっと。

しかしながら私の場合
ほとんど自分でベビー服は買わずに済んでます。
というのも、メルボルンで出産した義姉から
布オムツから新生児服、その他の必要品を
ぜ~んぶ借りてるから。これ非常にありがたい♪

それに私、お洋服に関していまいちピンとこないというか
自分の着るものも含めて“ふぁっしょんせんす”というものが
少々(家族に言わせればだいぶ)欠けてるとでも言いましょうか…。
簡単に言えば「着れればなんでも良いのよ」派です。

しかもメルボルンに移り住んでから
ますます悪化してきてるような…。
だって外を歩くオージー達だってみんな
ダサダサルックの方が多いんですもの。
(私に言われたくないってか)
他人のことなんて気にしな~い♪がオージー流。
私も周りを気にせずダサダサ妊婦で過ごしてます。

あ、でも基本的にメルボルンはオサレな街です。
有名なファッション通りもあるくらいですから。
私の知らないオサレがいっぱい溢れている街なので
そこんとこは誤解されないように…。

そう言えば妊婦服以外にここ数年服買ってないわ。
日本に帰国する時も毎回着る服で頭を悩ます…。
なんで日本ってみ~んな“オサレさん”なんだろか。
たまに電車に乗ると自分だけが場違いな気がして
恥ずかしくなる、なんてこともあったりしたなぁ。

って、話しがだいぶ横道にそれましたが
そんな理由でこっちでも日本帰国時にも
ベビー服コーナーはほとんど素通りして来ました。

ところがですね、先日初めて自分で子供服を買ったんですよ。
フードの付いた可愛い上着、もちろんセールの超特価。(これ大事)
それでも悩んで悩んで、やっとこさ1着だけ買った。
大きさとかもわからなくって、なんか妙に緊張しながら…。

いや~出産間近にして初めてベビー服のお買い物経験。
やっぱり楽しいもんですね。ちょっと嬉しかったわ



そしてこないだ
買い物意欲に火がついたのかもう一点買ってしまった。
(あ、違うわ、妹が買ってくれたんだった。ありがと)
しかも購入場所は病院内のキオスク(売店)

なぜかキオスクの片隅に何着か吊り下げられてたカーディガン。
そして傍に並べられてたニットの靴下。
どれも全て丁寧な手編みで作られてて暖かそう。
いくらするのかと覗いてみたら、なんと
カーディガン=$7.50(約650円)
靴下=$5(約450円)
あまりの安さにびっくりしたけど
きっとお婆ちゃんなんかが儲けを考えずに
心を込めて編んでくれてるんだろうなぁ
なんて考えたら嬉しくなって買ってしまったもらった。

こういう買い物もたまにはいいなぁ
なんて思う、今日この頃です

購入カーディガンが気になる方は続きをどうぞ。。。

more

満月のチカラ 

今朝、突然下腹部が異常に盛り上がり
ゴリゴリと暴れだしたと思ったら
下からズボッと小さな手が出てきた。

という夢を見た。びっくりしたわぁ。
早く出てきて欲しいと願ってるけど
そんな出方はあんまりよろしくないな…。


DSCF55050001.jpg


昨夜は満月でしたねぇ。メルボルンでも
月明かりが眩しいくらいの立派な満月が拝めました。
なんでも、満月や新月の前後に出産する人が多いらしく
(興味深いサイトを発見→満月にお産が多い?
私もそれにあやかろうと、満月の光をたっぷり浴びました。

わざわざ玄関先にイスを出して、寒いから防寒して
お腹をさすりながら月明かりを浴びる事30分。
思わず「ワォ~ン」と吠えたくなったけど
それ以外は特に変化なし。

まぁ突如陣痛が始まっても怖いっちゃ怖いわな。
狼みたいな毛むくじゃらの子が出てきそうだよ。
もしかして今朝の夢は満月パワーのせいなのかな…。

どうやら満月の3日後が一番多いらしいので
とりあえず今後に期待しましょう。
どちらにしても、久しぶりにきれいな満月を
心ゆくまでゆっくり拝めてとっても満足しました。
ほんとにウサギがお餅を突いてたよ。


ちなみに、冒頭の夢には続きがあるんですけど…
飛び出てきた手をなぜか夢中で押し込んで
病院に乗り込んで、なんやらかんやらで(覚えてない)
その後、自分の腕の中に小さな赤さんを抱いていた。
生まれて初めて我子を抱いてる夢を見た。
なんかすんごく小さかったなぁ。
早くホンモノを抱きたい。

遠く離れてるという事。 

1時間に2~3回はトイレに駆け込むようになって
トイレットペーパーの消費量が急激に増えた。
我慢して行く回数を減らそうか、はたまた
使う量を最小限にしようか(一応努力はしてるが)
そんなことで悩んでる、ケチケチ妊婦です。
(だってこっちは紙類が超高いだもん・・・)

ってことで、本日もお腹の赤さんは元気満々。
出てくる気配もなし。まぁまだ良かろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は、家族のことについてチラッと書いてみる。

当初の予定で先月来るはずだった日本の母が
体調が理由で来月中旬まで来れなくなった。
もう随分前に決まった事なので今は落ち着いてるけど
しっかり甘えるつもりで頼り切っていたので
来れないと決まった時は彼女の事も自分の事も
全部が心配で不安で、一時少々落ち込んだ。

楽しみにしていた娘の出産に間に合わなかった
母の心境も同じく、落ち込んでたと想う。
お互いに何にもしてあげられない。歯がゆい。
人生そう計画通りには行かないもんだねぇ。

それでも幸い日本には末妹が居てくれてるし
こちらには次妹が居てくれてる。心強い。
こんな時姉妹っていいもんだなってつくづく思う。
やっぱり子供は三人は欲しいわ。

今では母も回復して元気に過ごしてるし
私も順調にお産に向けて進んでる。
遠く離れて暮らす事でいろんなデメリットもあるけど
それでも家族を想う気持ちはどこに居たって変わらない。
ここに住む事を決心した時に、すでにいろんな覚悟はした。

これから先も越えなきゃ行けない山が
一山、二山と現れてくるだろうけど
お腹の赤さん共々、がんばって乗り越えていこう。

そしていつも願うことは唯一つ。
皆がいつまでも健康に元気で暮らしていけます様に…。

春到来?と布オムツ。 

1週間のご無沙汰。
相変わらずお腹に赤さんを抱えて生活しております。

DSCF54920001.jpg


昨日・今日のメルボルン、本当に気持ちのいい晴天で
まるで小春日和な日が続いています。

通りに咲く梅も満開で、日本の桜を思わせる
これらの花を見ると、やっぱり心和みますよ。

しかしまだ8月に入ったばかり、季節としては冬なんですよね。
メルボルンのことだから、きっとまた寒くなるに違いないわ。
春到来にはまだちぃと早いようです。

そしてお腹の赤さんもまだ出てくるには早いと思ってるのか
ドンドンゴリゴリ暴れまくっております。元気で何よりだけど。
今日の39週検診も特に問題なし。予定日まであと1週間。
希望では今週中と思ってたけど、あまりの暴れん坊ぶりに諦めたわよ。
もう少しでさよならのゴリ押し胎動を楽しむとしますわ。


でもって布オムツのお話し。
私の出産予定の病院(Public)はとっても古い小さな病院なんですが
産科に関しては評判がいいらしく、良い病院だと聞いてます。
確かに建物は古いけど、こじんまりしているせいか皆アットホームで
産科自体が小さいから入院患者さんも少数です。
なのでケアがしっかり行き届いているんでしょうね。
すったもんだあったけど(事情はコチラ)ここでのお産が楽しみだわ♪

で、そこで使用してる新生児のオムツなんですけど
とってもクラッシックな布オムツを使用しているようです。
ほとんどの病院で紙オムツが使われてる現在、珍しいようですね。

実は私自身、産後は布オムツ(日本製)でがんばろうと思っている派なので
(義姉からの布オムツの新品お下がりをたんまりもらえた♪)
この病院の姿勢(単に古いだけかもしれんが)には大賛成です。
ただし、こっちの布オムツは日本の物とは形も素材も全く違うので
あくまでも参考ってことで、どんな風なのか楽しみにしてるんですけど。

ちなみに、こないだ助産士さんにサンプルを見せてもらったところ
布オムツ(タオルみたいな生地)一枚をカバー風に折って
もう一枚を四角く折って中央に引いて、巻いて、安全ピンで留めていた。
これだけだと当然漏れちゃうので、「Snib」と呼ばれる三角形の
薄いビニール製のシートのようなものを、布オムツの上から
くるりと巻いて三角の端っこ同士をお腹の上で結んでた
(おそらく新生児時のみに使用するカバーだと思う)

あまりのクラッシックさに目が点になりました…。
そりゃぁお国も違えば布オムツも違うわよね。
どんな風か見てもらいたくてネットで写真を検索してみたけど
それさえも見当たらなかったからこりゃ相当古いんだよね。
実際の入院中に写真撮ってきます。


なんだか妊娠中の9ヶ月間よりも
ここ1~2週間の方がずっと長く感じるねぇ。

末妹よ、一歳増えちゃった日おめでとう♪
さらに伯母になる日も近し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。