スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨上がりの空と検診と・・・ 

DSCF53810001.jpg


昨日の夜降り続いた雨もすっかり上がって
予報を裏切る晴れ間を見せてくれた今朝の空。

まだ地面も乾かないうちの雨上がりの空って
なんだかいつもよりキラキラして見えるなぁ。

この季節の冷たい風が肌をひんやり冷やしてくれて
こうして空を眺めるのも案外気持ちいいもんだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、昨日は34週の検診に行ってきました。
こちらは10ヶ月に入るまで月一回の検診が一般的。
10ヶ月目からは毎週検診があります。(なんか極端よね…)

基本的にはMidwife(助産士)が検診してくれるので
検査(血液検査など)がなければドクターと会うこともありません。
Midwifeも担当制ではないので毎回違いますが
みんな親切でとっても丁寧に見てくれるので安心して受診してます。

思えばこちらの制度に慣れてない初期の頃、
「普段はMidwifeの検診で医師は検査時のみ」
という説明を、やや不思議に感じた事があった。

というのも、日本の医療では「医師の下」が当たり前で
医師なしでの診査診断は特殊なケースを除いてほとんどないと思う。
それに慣れてしまっている私はつい(ドクターには見てもらえないの?)
と思ってしまったんだけど、良く考えたらそうじゃないんだ。

私が日本でしていた歯科衛生士の仕事。
法的にはこれも「歯科医師の指導の下」でなければ仕事ができない。
それに比べてこちらの歯科医療では歯科衛生士は歯科医師とほぼ対等で
もちろん診査・診断・処置を全て任されている。
仕事をしていた頃はそんな海外の歯科医療に憧れていたし
日本の歯科衛生士の地位ももっと認められるべきだと思ってた。

実際こちらでは分娩室でも問題がなければMidwifeのみだそうで。
ドクターとはきっちり仕事が分けられていて、ある意味Midwifeの方が
お産のプロって感じがする。だから安心して任せられるんだけど。

それぞれが役割をきちんと分担して専門的に患者を診る。
仕事をする側になれば責任は大きいけどやりがいがあるだろうな。
もちろんこちらの医療制度が完璧とは言えないし
医師中心の日本の医療制度を全否定するわけではないけど
(最近は少しずつ変わってきてるとも思う)
自分が仕事をしていた時のことを思い起こして少し羨ましく感じたりもする。

そいでもってやっぱりいつかこっちで
歯科衛生士として働いてみたいと思っているわけです。

なんか話しが硬いな、すんません。

あ~、肝心の検診の結果は 至って順調でした。
子宮底34cm(こっちでは標準だけど日本ではちとデカイよね)
頭も下部にあり、心音も元気にバクバク言っとりました。
あと40日後にはご対面か~。楽しみです。

今夜は両親学級の最終日、どんな話しが聞けるかなぁ。
また報告します♪


点滅バージョン
ポチッとしてくれたら嬉しい

スポンサーサイト

コメント

こんにちわ。お久しぶりです。母子ともに順調そうでなによりです。ウチのBabyは、こないだの検診で2.5cmになってたよー。順調にいけば1月にはご対面なのだ。同い年(同級生?)になるので、よろしくね。

Fairdinkum?!!メルボルン[オーストラリア]

こんにちは(^o^)ゞあと一ヶ月ちょいですか。楽しみですね?不安もあるかな?うちの時はいろいろとありましたが、内容はお話ししません。なぜなら怖がらせたくないので。がんばってくださいP_(^_^ )

To.katsuoくん

ウァオ~!お便り、首をなが~くしてまっておりましたよ♪
無事ママのお腹で育っておられるのですね、良かった!
ママはつわりとか大丈夫かしら?よろしく伝えててください。
また連絡するね。i-236

To.Hooly-Doolyさん

メールありがとうございました♪
出産不安ですけど今は楽しみの方が大きいです。
でも、話すと怖がるような出来事があったんですか!?
怖いから知りたくないけど気になります・・・i-238
けどやっぱり怖いから知らないでおきます・・・i-230
出産後、こっそり教えてくださいね!

順調でなによりです

もうすぐですね。順調そうでなによりです。
揚げ物、おいしいですよね~。
分かってはいてもやめられないですよね~。

出産ひとつをめぐっても異なる面が見えてくるのですね。
また医療現場での違いについても興味深く読みました。
私もドクターが診てくれない診察には最初は違和感を感じそうです。でも、よくよく考えてみると助産士さんとのほうが気軽に話ができてよかったように経験から感じています。
私が出産した病院でも助産士さんがとても活躍されていました。分娩時も最後の最後しかドクターは登場しなかったです、そういえば。

子育てもしながら(お腹のなかで着実に育っているのですから)、仕事への夢も現実すべく努力して、yukiさんの毎日に励まされます。私も頑張ろう!

お久しぶりです。
順調そうですね。よかった。

助産師さんってホントにすごいんです。私も
母親学級とかで話きいてるだけで、不思議と不安が消えて、産むのが楽しみになったくらい。
実際、私の場合は帝王切開になっちゃったから、分娩での助産師さんの活躍は拝めなかったけど、産んでからは、ホントに心から信頼出来て頼りになる存在でした。先生も助産師さんたちに任せてる場面が多かったなぁ。。自分にはできないけどすばらしい職業だなと思いました。
いよいよ赤さんとの対面の時ですね。貴重な妊婦時期を楽しんで頑張って産んで下さい。
報告楽しみにしています。
そうそう、あさってakiちゃんが赤さんに会いに来てくれまぁす。

To.carparkeeさん

やっぱりお産の時はどこでも助産師さんが大活躍なんですね。
検診の時はゆっくり親切に診てくれるので、私一人でも大丈夫なんですが
出産の時は助産師さんの説明がうまく聞けるかどうか、
それだけが不安です。もちろんダンナには付き添ってもらいますが。

仕事への夢は尽きませんが、お恥ずかしながら現在はホント何もしてないですよ~。i-229
いつかメルボルンの空の下、carparkeeさんとお互いの仕事について熱く語り合えたら、
サイコウですよね~!i-239

To.dbskaoriさん

お久しぶりです。お陰さまで順調です♪
いつもブログ拝見させて頂いています!
赤さんのお世話をしながらちゃんとお料理されてるdbskaoriさんに感心しながら
私も見習わなきゃなぁって感じてたとこです。

dbskaoriさんは帝王切開だったんですよね。
どんなお産になるかはその時にならないと誰にもわからないですよね~。
自分は一体どんな風にお産が始まるのか、最近気になって仕方ないです。i-229
初めての出産では助産師さんが本当に頼りになりますね。
頑張って赤さん&助産師さん&ダンナさんと出産に挑みます!

akiちゃん、お世話になります♪私もいつかご対面したいですi-239

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melyuki.blog16.fc2.com/tb.php/132-a868ef0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。