スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産記~怒濤の5時間~③ 

さて、今回で終らしちゃいます、出産記。


午前4時
助産師たちの「ファンタスティック♪」を聞きながらいきむこと数十分。
かなり赤さんは下がってきているようだが、まだもう一歩のようだ。
この頃の痛みは我慢していた時の陣痛とは違って
痛みの波と共に異物を押し出す感じ。まるで大きなう○ちをきばってるような…。
そして全身が暑いのか寒いのかわからない感覚。
暑いと感じて持ってきていたうちわであおいでもらうが
風が妙に寒く感じて「いらん!」と叫ぶ。
でもやっぱり顔は暑いので冷たい濡れタオルで額を冷やしてもらう。
あれせぇ、これするなのうるさい指示に素直に答えてくれるダンナ。
顔はなぜか笑ってる、緊張感に欠ける。


午前4時30分
ポジションを変えてみる?と助産師から提案。
動くのが怖くて最初は拒否したもののトライしてみる。
陣痛の合間にゆっくりと体を動かす。
ベッドの背もたれをさらに起こしてそこに寄りかかるように
後ろ向きに、ひざをついた体勢でベッドにしがみつく。
助産師たちは私の下に置いた鏡を見ながら状態を確認してる。
重力に反せず真下にいきめるので思ってたよりも力が入る。
数回いきむと今までにない大きな異物感を感じた。頭だ。
まだ出てきてないけど確実にそこにあると感じた。

その後数回いきむがまだ変化はなし。
陣痛の合間には疲労感で眠気に襲われる。
後ろ向きの体勢で誰が何をしてるのかさっぱりわかってない私に
「さっきの女医、外でコーヒー飲んでる」とダンナ。
うとうとしながらさすがオーストラリアだと実感。別にいいけどね。
そして突如鳴り響くダンナの携帯の音。切っとけよ。
「はいはい、あのね~今ちょうど・・・」と話しながら部屋を出て行く。
おい!あんたは居なさいよ!っと突っ込みかけた瞬間に陣痛がやってきた。
振り向けば助産師も誰も居ない。一人で産むのか!?
「誰もおら~ん(ToT)!!」と泣き叫びながらいきんでたら
横で妹が「わたしがおるや~ん(ToT)!!」と叫んでた。
そういえばおったね。でもあんたじゃなぁ…。
(実際は助産師が一人後ろに居たらしい)

そして数回いきんだ時「髪の毛が見えてきたわよ!」との助産師の声。
髪の毛あるのねぇ良かった…と出てきた事よりも髪の毛の存在に喜ぶ。
(遺伝上あるかどうかちょっと心配してた)


午前5時
いきんだ時に焼けるような痛みを感じる。頭が出かかっているらしい。
この痛みにはさすがに「痛い、痛い、マジで痛い!」と日本語で叫んだ。
今まで黙っていた助産師がここに来てやっと指示を出しだす。
“裂けないようにするにはゆっくりいきむといい”と言う友人の言葉を思い出すが
助産師の「プッシュ~、ストップ!フ~フ~」とか言う指示に従うのが精一杯。
そして頭が出る。

午前5時8分
2~3回いきんだ後、体がズルンと出てきた。

DSCF530310001.jpg

3160gの元気な女の子が誕生。

ダンナは抱っこして感動。妹は感激のあまり泣いてる。
当の私は“長時間の陣痛で待ち焦がれたご対面”じゃなかったからか
最初に娘を抱いた時、実はギョっとしてしまった。
血まみれな上に頭はとんがってるし顔は青白くてちょっと怖かったのだ。
そして30分後手当てを終え、あまりの空腹に朝食をオーダー。
サンドイッチにかぶりつきながら隣でスヤスヤ眠る娘を見ていて
この娘がお腹の中に居たんだ、ホントに産んじゃったのね
やっと実感が沸いてきたのだった。
9ヶ月間妊婦だった私が、母と娘になった瞬間でもあった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長々と読んでくださってありがとうございました。
時間があまりに短かったことや分娩室の極度にラフな雰囲気など
想像していたお産とは何もかも違っていましたが
比較的スムーズに安産で産めたのは本当にラッキーでした。
おかげですでに二人目が欲しいと思えるほど♪
そばで見ていた妹も「こんなお産なら子供が産みたい」と
言ってくれました。褒められたようで嬉しかったです。
(でもそれより先にパートナーを見つけなさい…)

お母さんになる全ての人が通る道だけど決して同じ道はない。
長くて険しい道もあれば短くて歩きやすい道もある。
そんなお産という体験をさせてくれた娘と
サポートしてくれた家族に心から感謝します。ありがとう

※入院記もUP予定です♪

スポンサーサイト

コメント

勉強になりました!

私は硬膜外麻酔で無痛だったから、最後の赤さんが出る感じとか、「ほぉ~、そうなのかぁ」と勉強になりました~。次回の参考にするヨ。
あと、ダンナはどの家でもかわらんと安心。思ってることの半分やってくれたら、○としないといけないワネ。
こっちの助産婦は、褒めまくるくせに、そうやってコーヒー飲んでたり、「あ~、この人たちにとったら、毎日やってることの一つであって、こんなにがんばってる私は、彼女達にとってはど~ってこと無いんだな...」と思わせる瞬間を作るヨネ....
長い陣痛で叫んでる私の病室の外で、「あれ~~、ここまだ生まれてないんだぁ。こんなに叫んでるから、もう生まれる瞬間なのかと思ったぁ。アハハ~」って言ってたヨ。元気があったら、殴ってたね。

To.ちはる

参考にしていただけて光栄ですわ☆ぜひ二人目の時はあの不思議な感覚を味わって頂きたいデス。
ダンナね、私が陣痛で休んでる間に妹と記念撮影までしてたゼ。
もう好きにしろと文句を言う気もうせたわ。i-230
こっちってみんな褒め上手だよねぇ。本当に思ってんのかしら。
凹凸のないまさに昭和顔のうちの子を見て「なんてゴ~ジャスi-189」って・・・・ホンマか?
(それでも悪い気はしないけどねぇi-239

やはり...

「母は強し」ですねぇ~。(尊敬!)
これだけのことをやってのけたんだもの
今後は多少のことは屁でもない?
どこもそうなのかもしれないけど、出産に
旦那さんはあまり役には立たないんですね。
(カメラマンになれるくらいかな?)
将来の参考にさせてもらいます。
もうすぐ、娘さんに会いに行きまぁ~す☆

ぼくはしっかりサポートしてましたよ、カミさんを。今でも、あの陣痛の前後の会話の時間がおもしろかったと思います。(会話→陣痛 陣痛終了後→会話の続き。)ぼくは本当に男でよかったと、
心から思います。無理です、痛いの。

すげぇ

携帯をもって出て行ったダンナ。
そして髪の毛の遺伝を気にすること。

あいもかわらずすげぇ。

そういえばね、関係ないけど、こないだ大阪の面子に数年ぶりにあったよ、横浜で。
↑面割れましたね。

  • [2006/10/19 14:34]
  • URL |
  • 白井ビンセント
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

もしも

ずっとブログを見ていたら、すごく3人(yukiちゃんとダンナと赤さん)に会いたくなり、上本町の都ホテルにおいてあった旅行ガイドでメルボルンを調べ始めた私。
よさげな街ね。オーストラリアはでかすぎて、国内移動はやっぱり飛行機なのかな。
私は年末に新婚旅行としてハワイ島に行くことにしたんだけど、もしもメルボルンに行ったら、遊びに行ってもいい?
yukiちゃんの文章読んで、赤さん誕生のすばらしさを感じたのでした。

  • [2006/10/19 22:48]
  • URL |
  • 白井ビンセント@難波にいます
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

To.パロットさん

今頃メルボルンのどこかにいらっしゃるんですよね。
今日は(日曜日)お天気良くって気持ちいいですね~。
出産記、最後まで読んでくださってありがとうございます♪
出産未経験の方からするとあまりにリアルでせっかくのお産を
怖がらせちゃったんじゃないかと少し心配してますが大丈夫でしたか?
ダンナさまは確かに役に立たないんですけど、やっぱり居てくれるだけで
心強さは違います!他の誰よりもむちゃが言えるし。そういう意味では役に立ったかな?
パロットさんも将来のメルっ子誕生が今から楽しみですね~♪

To.Hooly-Doolyさん

お~、貴重なダンナさま側のご意見!ありがとうございます。
もちろん!日記では目立ったエピソードを書きましたが、
全体的にはうちのダンナもがんばってサポートしてくれました♪
そして「男で良かった」とも言っておりました。ウン、痛いですよ~i-278

To.白井ビンセントさん

ホホホ。二人とも相変わらずですよ。
いつでも会いに来て下さい。赤さん共々大歓迎いたします♪
オーストラリア国内の移動は基本的に飛行機ですね~。
と言っても私メルとシドニー以外行ったことないですけど。
私的にはハワイよりオーストラリアの方がオススメですよ♪
国内で上の方に行けばリゾートも十分楽しめるしね~。

>yukiちゃんの文章読んで、赤さん誕生のすばらしさを感じたのでした。
文章書くプロにそう言ってもらえて超ウレシイです。ありがとう。

オメデトウございます!

そちらでの出産にかなり不安があったので、具体的な体験記がすごく参考になりました。最近、妹が出産(日本で)して、かなり大変だよ、産むなら親元がいいよ、とかなり言われていただけに、不安が募っていましたが、ちゃんと現地で産んだ方もいらっしゃるから大丈夫ですね。ちなみに妹は20時間ぐらいかかっていたので、5時間というのに驚きました!
オメデトウございます。今はすごい忙しい日々を送られていると思いますが、幸せを噛み締めて頑張ってくださいね。

ファンタスティックなお産お疲れ様でした
そちらのお産のラフな感覚が面白いですね、力まず産めそうでいい感じですw
まだまだ睡眠を取るのが大変でしょうけど、ガンバってくださいね
今お母様がいらしてるんでしたっけ?うんと甘えて体力つけておくといいかもしれませんねw
これからの育児日記も気長に楽しみにしております

To.lakemackenzie

ありがとうございます♪スポンと産んじゃいましたi-229
私もこちらでの出産に不安はありましたが産んでみたら意外と大丈夫でした!
日本とはいろんなシステムの違いがありますが
こちらの生活に溶け込むためにも現地出産をオススメしますよ~♪
誘発法も伝授しますi-278

移住が迫って来られてるようですね。準備、がんばってください☆

To.ペコさん

まさに、ファンタスティックなお産でしたi-229
おかげ様で母がいろいろ手伝ってくれてます。
ただ、その分動かないので体力はばっちりあるんですけど
産後のお腹のお肉もたっぷり残っててヤバイです…。
もうちょっと動かないとなぁ~i-230

ぼちぼち更新ですが今後ともよろしくですi-239

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melyuki.blog16.fc2.com/tb.php/153-d0436c04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。