スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実のなる木 

近所のお散歩コースには、この~木何の木気になる木♪がたくさんあります。

草木に関しては未だ小学生レベルの知識しかない私。
(興味を持ち始めただけでも大進歩なんですよ、ホント)

気になる木はたいていきれいな花が咲いているか、実が成っている木。

実を見つければ、食べれるかどうかが気になる!!

そこで今日は、近所で見つけた 実のなる木特集  です♪

あ、でも前もって言っておきますが、小学生レベルの知識ですから、

草木の名前や食べられるかどうかに関しては、全くの想像ですのであしからず。

tree2 
 これはレモンの木

 と思う。おそらく。たぶん。





ここの木は高さが10mくらいあってとても立派!(全体像撮ればよかった

そこにまさしく『鈴なり』にレモン(らしきもの)が成っているので

いつもつい手が出そうになる  のを我慢してます

tree3 
 これね、ちっちゃくて実が見えない方、
 写真クリックして拡大して見て下さい。
 (お手数おかけしますねぇ

 キンカン に見えません?



この木もかなり大きくって、おまけに高い塀越しにあるからつまみたくてもつまめない…。

キンカンに見えるんだけどなぁ(゜.゜) あ~かじってみたいよ禁断の果実


そして一番のお気に入りがコレ。

tree1

見るからにおいしそうでしょ。じゅる。でも何の実だか検討もつかん…。

この食べられそうで食べられなさそうな、微妙なピンク色がそそります。

が、手が届く位置にはあるけど、さすがに怖くて食べれましぇん

どなたか、食べれるかどうかご存知の方はご一報くださ~い


そして最後に、ほんわかショット

plum

実家の梅の実(コレは日本の梅の木!)にとまる、テントウムシ君。

なにやら忙しそうに梅の上を動き回っておられました。

この梅、これから梅酒になる予定なんだから、まだ食べないでくださ~い

と、撮るだけ撮って、テントウムシさえも敵に回す、食い意地の張った私です


ランキング、皆さまのおかげで急上昇いたしました!ありがとうございます♪
オドロキ、モモノキ、サンショノキ~! (歳バレますね…)
点滅バージョン
これからもよろしくお願いします



【今日の独り言】
 いつだったか、見えないモノが見える人に言われたことある。
 「あんた、食べもんの神さんが憑いてるわ」 

スポンサーサイト

コメント

トップテン入り近し!
こういうのって、燃えてしまうよねぇ。

オーストラリアって、日本語の本(小説)とか売ってるの?

To:あんとんさん。

応援ありがとうございます! あまりの急展開にびっくり中で、トップテンなんて滅相もないですi-183

日本語の本、普通の本屋では売ってません。日本の本専門の本屋さんが1件あったと思いますが、行ったことないですねぇ。私自信は友達同士で貸し借りするか、日本行ったときにまとめて買ってコツコツ読んでます。今村上春樹の「海の上のカフカ」読んでるところです。

はじめまして

はじめまして っじゃないか
“海の上のカフカ”じゃなしに“海辺のカフカ”でしょ
ちなみに私が読んでるのは石田衣良の“波のうえの魔術師”です 昔にドラマ化されてる(確か“ビッグマネー”)
株のお話やけどかなり面白いよ

To:Master Bobさん。

そうそう、それ。訂正ありがとうございます。
でもね、その前に入れようとしたのは「海の上のカフス」でした。“カウス”か“カフス”か迷ったんだけど、“中田カウス”な訳ないよなーi-227と、検索して調べてから“カフカ”って入れたのに、それでも間違ってるってやっぱりアホですi-230

Master Bobさんも早くブログ始められてはいかがですかi-278

現時点での私のお勧め本は、東野圭吾の「秘密」「時生」、横山秀夫の「半落ち」、藤沢周平「闇の梯子」ってとこかなぁ。どれも古いか……あとは忘れた。
純文と呼ばれる世界は読解力の乏しい私には敷居が高くあまり読んでおりません。

To:あんとんさん。

あんとんさんに敷居が高ければ、私には城壁くらいの高さの敷居ですね。(またげませんi-229

こっち来たら英語の小説読もうって思って読んでたけど、
10ヶ月かけて6割くらいまでしか進んでませんi-202
英語の読解力がもうちょっと上がればいいんですけどねぇ…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melyuki.blog16.fc2.com/tb.php/47-e4a6932e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。